【ぬる燗佐藤の愉しみ方】

【新しい飲み方の提案】

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

日本酒を愉しむためにはまず、日本酒の飲み方を知る必要があります。

温度を変えて、味の変化を愉しむ

たくさんの種類の日本酒を愉しむ

味の違いを愉しむ

自分なりの飲み方を探すことができるのが

「ぬる燗佐藤」の愉しみ方です。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

~味の変化を愉しむ~

日本酒は温度によって味が大きく変化いたします。

日本酒に「夏は暑いから冷酒」「冬は寒いからお燗」という決まりはありません。

もちろん、季節に合わせて温度を変える楽しみもありますが、

好みの飲み方やその日本酒に合った飲み方で飲むのが一番でしょう。

日本酒は、温度を変えるとそれまでとは違った表情を見せてくれます。

普段日本酒を飲むときはお決まりの温度になっているという方も、

ぜひ、温度で変わる日本酒の味わいを楽しんでみてはいかがでしょう

ぬる燗佐藤では

雪冷え(5℃)~飛び切り燗(55℃)まで

10段階の温度変化によって味の違いを愉しむことができます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~種類を愉しむ~

ぬる燗佐藤では100種類以上の日本酒をご用意しております。

日本酒の味や香りは蔵元によって違ってきます。

そこで考え出されたのが「日本酒の4タイプ分類」です。

銘柄は何千種類とありますが、どんな日本酒も、

おおよそ次の4つの内のどれかに当てはまります。


華やかな香りが特徴![ 薫酒(くんしゅ) ]

甘い果実や花のようなフルーティな香りが特徴の日本酒を指します。

「大吟醸」などの吟醸系が該当し、いま流行しているのが、このタイプです。


すっきり爽やか![ 爽酒(そうしゅ) ]

日本酒としては最も軽快な香味で、すっきりとした飲みやすさが特徴。

普通酒や本醸造が該当し、淡麗辛口なタイプです。

ふくよかな旨味とコク! [ 醇酒(じゅんしゅ) ]

お米の旨味やコクを感じるタイプで、純米系の日本酒が当てはまります。

どっしりとしていて、味付けの濃いお料理にも負けません。


熟成された個性派![ 熟酒(じゅくしゅ) ]

古酒や熟成酒などが当てはまります。

ドライフルーツやスパイスに例えられる香りと、とろりとした飲み口です。

4タイプ分類

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

~違いを愉しむ~

日本酒は原料と精米歩合で、以下の8種類に区別されます。

本醸造酒(ほんじょうぞうしゅ)

吟醸酒(ぎんじょうしゅ)

大吟醸酒(だいぎんじょうしゅ)

純米酒(じゅんまいしゅ)

純米吟醸酒(じゅんまいだいぎんじょうしゅ)

純米大吟醸酒(じゅんまいだいぎんじょうしゅ)

特別純米酒(とくべつじゅんまいしゅ)

特別本醸造酒(とくべつほんじょうぞうしゅ)

それぞれの造り別でもお米や水、造る人によっても、香りや味が全く違うものとなります。

また、地方によっても全く同じお米や水を使っていても味に違いが出てきます。

何万種類とある味の違いを愉しんでみてはいかがでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~