【ぬる燗佐藤名物『カワハギの薄造り』】

~新鮮なカワハギを日本酒とともに~

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

ぬる燗佐藤六本木店ではいつでも新鮮なカワハギを

お召し上がりいただけますように、店内に水槽を完備し、

ご注文いただいてから捌いております。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

旬が2回ある魚「カワハギ」

「カワハギ」と聞くと秋から冬のイメージをされる方も多いかもしれませんが

実は、夏も美味しいのです!

冬の時期に美味しいといわれる所以は河豚と同じで「肝が美味しいから」です

しかし、身が本当に美味しくなるのは『夏』なのです。

最近では養殖の技術も発展し、通年で美味しい肝もびっしり!!

ぬる燗佐藤では注文いただいてから、目の前のカウンターで捌くので、

身はまだ、プリップリ!

薄造りにした身の上に、肝と葱を乗せ、巻いて醤油につけて、、、

パクリ、、、

是非、ご来店の際はカウンターで臨場感を味わいながら

絶品カワハギをお召し上がりくださいませ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

名前の由来

カワハギという名前の由来は諸説あるようです。

カワハギには「ハゲ」「カワハゲ」「マルハゲ」などとの別名もあります。

このハゲと言うのは「剥げ」のこと、厚く硬い皮に覆われ

この皮を剥がないと調理ができないことから「カワハギ」と言う名前になったという由来と

カワハギの皮は、意外にも簡単に剥ぐことができる様が

「博打に負けて身ぐるみ剥がされる」
ことを連想させるとのことで「カワハギ」になったとの話もあります。
カウンター席ではそんなカワハギが調理されるものご覧になりながら、お楽しみいただけます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ぬる燗佐藤では

旬の食材から織りなす絶品料理と

季節とお料理に合わせた日本酒で

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13144930/